Featured Posts

IT関連の仕事をしている彼 Rss

痩せすぎ

Posted on : 04-10-2014 | By : tenone25 | In : 未分類

0

私は身長164cm、体重42kgの太らない体質の者です。 特に食べない、食が細いというわけではなくどれだけ食べても太りません。 そのせいで周りの人達、特に女性の方からは羨ましいと言われますがあまり良い事はないのです。

まず、身長が少し高めなので合うデニムがなかなか見つかりません。 細めのデザインはあっても丈が足りなくなってしまうのです。 なのでデニムは履く事が少なく、ほぼスカートになってしまいます。

次に、ご飯を友人や親と食べに行った際、皆にもっと食べなさい!と強要される事です。 皆で食べ、いい感じにお腹いっぱいになった時に言われると「まだ食べなきゃいけないのか・・」と思えてしまい凹みます。 ここで食べないとだから太らないんだよ!と責められますし、逆にいっぱい食べるとそんな食べても太らないなんて羨ましい。と羨ましがられる、というよりは嫉妬されます。 なので外食した際は常に気を張り、皆と同じ位の量を食べたりしています。

次に、骨々しいので男性からは気持ち悪がられる事が多々あります。 女性からしてみれば「スタイル良くて羨ましい」ですが 男性からしてみれば「骨。すぐに折れそう」と言われます。 お付き合いをしてもやはり、もっと食べなさい、もっと食べないと太らないよ。と叱られる事もしばしば。 数年お付き合いした方からも言われ続けていました。数年のお付き合いなら食べても太らない、という事を理解してほしかったな、と思っていました。

次に「とにかく骨が当たって痛い」です 生活の上での一番の悩みでもあります。 ソファーに座れば金具が痛い、床に座るのなんてもってのほか座布団を使っても意味は無し。 肉づきが悪い所を怪我してしまうと骨が見えたり・・なんていうのは多々あります。

ではどうしたら太るのか? 結果、私はどんな方法を試しても無駄でした。 プロテイン、高カロリーの栄養剤、暇さえあればお菓子を食べるetc…

お菓子を食べるのは本当に太らず、ニキビができてしまいました。 親もあまり太っておらず、これは遺伝なんだな、と開き直るしかないです。

あとは、ものすごく目が悪いことが不便でなりません。常にはコンタクトを付けています。コンタクトも眼下に行くと診察料がかかったり待ち時間があったりするので本当に面倒。なので最近ではネットで注文するようにしています。万が一注文し忘れていても即日発送してくれるところがあるので助かっています。参考に・・・コンタクトを即日発送してもらえる

 

今はとりあえず満足しています。

Posted on : 16-09-2014 | By : tenone25 | In : 未分類

0

欲しいものや買いたいもの、いちいち挙げていくとキリがありません。
お金もいくらあってもきっと足りないと思えば足りないのでしょう。
だからとりあえず今の生活ができている、この状況を維持できる夫のお給料には満足しています。
家のローンもあるし、貯金もそれほどありません。
貯めようと思っても必ず何がしかでお金は出ていってしまいます。
私のやりくりが下手なせいもありますが、人並みの生活ができているし、月に一度は外食にも行っているし、自家用車もあります。
お金がなくて辛い思いをした事も過去にはありますし、お金の事で喧嘩になった事も何度もあります。

夫が勝手に借金(http://xn--n9jtdd5tza8dtf9951a.com/)を作ってギャンブルをしていた時代もありました。いきなり請求書みたいなのが届いて何かな~と思ったら借金をした明細だったんです。

その返済もそんなに多額ではなかったので数か月で返済してしまいましたが、もしお給料がもう少しあれば、こんなことにはなっていなかったのかな。。。なんて考えたこともありました。
でも少しずつ夫のお給料が上がっていって、ここ数年は今の状態でやりくりできています。
何よりも私が病気がちで外に働きに行く事ができないので、すっと専業主婦でいさせてくれる事に感謝しています。
子供にもお金の事で不自由な思いをさせた事がありません。
そんな風に思うと、夫のお給料に満足していない、なんて言えない気がするのです。
これ以上望むのは贅沢だし、実際、他の人から見れば一軒家に住んでいて専業主婦をしていて何を文句を言ってるのと怒られてしまうでしょう。
正直に言えば、今まで旅行らしい事をした事がないので、家族で旅行に行けるぐらいにお給料が上がってくれたらいいな、なんて思います。
でもこれはないものねだりなので、今はとりあえず夫のお給料に満足しているし、心から夫に感謝しているのです。

 

パン工場でのアルバイト

Posted on : 13-08-2014 | By : tenone25 | In : 未分類

0

私がアルバイトを始めたきっかけはもちろん、お金がほしいというところからです。 学生の頃の話ですが、私は女の子にもてたい一心でしか行動していなかったように思います。

学校の授業そっちのけで、女の子と遊ぶことばかりを考えていました。 学生の頃は一人暮らしで親から仕送りをもらっていました。

仕送りも少ない額ではなかったのであまり困っていませんでしたが、なにせ女の子にもてたいという気持ちが強かったため、ファッションや車などに相当お金を使っていました。

そんななか、バイトでもしようと考えバイト探しを始めたのですが、私はこまごま稼ぐのが好きではなかったため、一度に出来るだけ多くのお金が入るバイトをしようと考えました。

そして選んだのがパン工場でした。

今考えるとそこまで多い額ではなかったのですが、日給10,000円をもらえたことと、誰にでも出来る仕事ということだったので、簡単そうだったのですぐに連絡をして面接を受けました。

面接は簡単なものですぐに受かることが出来ました。

仕事内容はというと、パン工場ですのでパンが主流ですが、コンビニ弁当などたくさんの商品をその場所ごとで作業をするという流れ作業でした。

一日何時間も働くため、もちろん疲れるのですが、全く同じ作業を何時間もするので日までしょうがないという印象です。 難しめの作業も30分くらいあればコツをつかんでしまうので、数時間という時間はかなり退屈な時間でした。

ひますぎると疲れるというのは本当だと思いました。 日給が良かったので続ければよかったのですが、10日でやめてしまいました。

その後は工場のバイトを始めたんですが、こちらも1か月ぐらいでやめてしまいました。工場のバイトも給料はそれなりに良かったんですが、こちらは忙しすぎて耐えれずにやめてしまったんです。

ヒマすぎてもダメ、忙しすぎてもダメ、仕事って難しいもんですね。。。

夏は太る!とにかく太る!

Posted on : 10-06-2014 | By : tenone25 | In : 未分類

0

夏に激太りします。これは毎年の事なのです。
普通暑ければ食欲が落ちて痩せるものですが、私は夏場でも全く食欲が落ちません。普通に食べる以外にも口当たりの良い冷たいスイーツやアイスを毎日食べ、清涼飲料水などをがぶ飲みしてしまいますし、暑いから体を動かすことが億劫になってカロリーを消費することも少なくなります。
極力エアコンをつけないでできるだけ汗をかくようにしていますが、汗をかいたからって痩せるわけではないのですね。飲んだら元に戻ります。
寒い季節は暖房費をケチって寒い中耐えているので、カロリーも余計に消費して夏ほどは太っていません。だとすると、エアコンガンガン効かせてブルブルしているほうが痩せやすいと言う事になるんでしょうか?まあ電気代も馬鹿にならないのでそれは無理ですが、せめて冷夏になってくれればいつもの夏よりは太らないのかもしれません。
自分でもやっぱり努力しないといけないと思うので、全身運動になる水泳をやってみようかと思ったこともあります。去年までは近所にある市民プールに行くことを日課にしようと心の中で宣言していました。結局、面倒なので通いませんでしたが、今年は心の中で宣言すらできません。
こんな「トド」みたいな体、どうやって水着に収めるんだと考えただけでも恐ろしいです。
やっぱり、食べる物を制限するしかないのでしょうか。食べることが生きがいなのでそれはとても辛い事です。

運動も苦手ですし・・・友人がエステに行って、痩せやすい体質作りとかをしているみたいでそれがちょっと気になりますね。※エステでやせる身体を作る

まぁ、痩せやすい身体を作ったところで運動とかをしないと意味がないと思うのでこの際意を決してダイエットに励んでみようかと思っています。

ことしの目標は有言実行なのできっちりやり遂げたいと思います。

まずは食事の改善からですね・・・・

増える一方の本

Posted on : 29-05-2014 | By : tenone25 | In : 未分類

0

おそらくこれまで最もお金をかけたといえるのは、本になるでしょう。どうしても欲しくてでもその時にどうしてもお金が無くて即日振込をしてもらえる消費者金融でお金を借りてまで購入したこともありましたからね・・・※アコム即日振込
一冊一冊はたいした値段ではないのですが、何しろ漫画に小説にさらに雑誌にと、あれこれ次から次へと積み重なっていってしまいます。もともと本を売ったり捨てたりはあまりしない方なので、今ではとっくに本棚をあふれ出し、文字通り床の上に積み重なってじわじわと部屋を侵食しています。恐ろしい量です。捨てるのとかってなんとなくお金を捨てているのと同じだと思ってしまうっていうのもあります。
さて、一体自分はこれらの本にどれだけのお金をかけてきたのだろう、とふと計算してみる気にもなります。書店には毎日のように寄っていますし、定期的に購入している雑誌なども含めると、平均しておそらく一日に一冊は買っていることになるでしょうか。価格もざっと一冊500円程度として…500×365。この時点ですでに20万弱という値段になっています。

一年に20万程度だからなかなかのものです。また、このように自由に本を買えるようになったのは社会人になって15年ほどですので、さらに15をかけると…もう計算するのが恐ろしくなってきています。また学生時代もふくめ、子供のころから毎日とはいいませんが、月に数千円はかけていたでしょうから…もうこのへんで計算はやめにしておきますが、我ながらとんでもない金額をかけてきたのだなあ、と改めてペラペラの本をめくったりもしてみます。
それだけの価値がせめてこの頭の中に詰まっていれば、コストパフォーマンス的にもよいのでしょうが、はたしてそれはどうなっていることやら。

実際は大変。。。

Posted on : 21-03-2014 | By : tenone25 | In : 未分類

0

私の彼は、IT関連の仕事をしています。

インターネットとかが苦手な私はどういった事をしているのかはっきりは分からないんですが、とりあえず頑張っています。

IT関連=儲けるってイメージがあるんですが、実際彼はそんなに儲けてないみたいで。

やっぱり大変みたいですね。

でもいずれかは、自分の会社立ち上げると意気込んでますよ。